検査をすれば原因に近づける不妊治療の不安を解消

ドクター

赤ちゃんの体を作る

ウーマン

妊娠中の食事が胎児の体を作るもととなります。植物性のたんぱく質を多く含んだ大豆製品は、毎食取り入れたい食品です。また、カルシウム不足は、妊婦の骨をもろくする可能性があるので、いつも以上に意識的に摂取しましょう。

もっと読む

必ず受ける

医師と患者

不妊治療を受ける前には、原因を深く知るために検査が行われるのが一般的です。不妊の原因は様々なので、必ず男女ともに検査を受けるほうがよいでしょう。まず、詳しい検査を行なう前に問診があります。普段の生理の状況や出産経験の有無、病歴などを詳しく問診していきます。あらかじめ基礎体温を記入しておいた紙を持参しておくと、この後の治療もスムーズに行なわれるでしょう。女性の体温は1ヶ月の中で変化していくため、できれば数ヶ月分の基礎体温のデータを記録しておくようにしましょう。子宮や卵巣に異常がないか確認できるものとして超音波での検査が行われます。この検査は不妊治療だけではなく、子宮がん検診などでも行われているものです。超音波検査により子宮筋腫が見つかることもあり、病気が原因での不妊を見つけられます。その他にも。きちんと排卵をしているかどうかを見るホルモン検査や卵管が詰まっていないか確認する卵管造影検査などがあります。こうした検査は不妊治療が始まる前に全て行なうのではなく、段階を踏んで行なわれるケースもあります。男性側の検査も女性と同じく、まずは生活習慣や病歴などの問診から始まります。その後、精液を採取し精子の運動率や数を詳しく確認していくのが一般的です。不妊治療の検査にかかる料金は、内容によって異なります。だいたい1万円前後の料金がかかると考えておけばよいでしょう。さらに1回の来院で複数の検査を行なう場合は、それぞれ費用がかかるので事前に医師に相談しておくのもよいでしょう。

継続的な栄養補給に

サプリを飲む女性

多くの妊婦から支持されているアクティブライフのマザマローは30年以上の歴史を持つ健康補助食品です。妊娠中に摂るべきミネラルや栄養が手軽に摂れるので、つわりで食事量が減ってしまった人でも安心して服用できます。

もっと読む

種類が選べる

ピルとレディ

大阪の産婦人科で処方されるピルには、4種類あり症状や相性によって選ばれています。また、ホルモンバランスが崩れてできる吹き出物に効果のあるピルもあり、肌の不調に悩む女性も飲むようになりました。

もっと読む