検査をすれば原因に近づける不妊治療の不安を解消

ナース

種類が選べる

ピルとレディ

ピルは国内で認可されているものを大阪の産婦人科で処方してもらえます。ピルには種類があり、大まかにいうと入っているホルモンの種類によって変わります。1960年頃から服用されるようになったピルは、現在大阪で4種類が処方されています。1番初めに登場した第1世代のピルは、4種類の中で1番黄体ホルモンの量が多いものです。特に、生理前の不快な症状であるPMSを抑える効果に優れており、PMSの治療として処方されることがあります。大阪でよく服用されているのが第2世代と呼ばれるピルです。以前は副作用として、にきびや体重増加が挙げられましたが、それを抑えるために錠剤に含まれるホルモンの量を飲む日によって調整しています。また、ピルは毎日きちんと服用することで効果が発揮されます。ピルを飲まない休薬期間が明けた後に飲み忘れてしまうことが多く、それを防ぐために休薬期間に飲むホルモンの入っていない偽薬がセットされているピルもあります。これを利用すれば毎日飲むことさえ忘れなければ問題がないため、大阪で選ぶ人も多くなっています。さらに研究が進んだ1980年代に発売されたのが第3世代のピルはより副作用を抑えた処方となっています。また、最近では第4世代のピルも登場し、月経困難症の治療薬として保険適応されるようになりました。この第4世代はホルモンバランスによって発生するにきびや吹き出物にも効果があり、むくみにくいとのことで肌の悩みを持つ女性からも支持されています。